窓対策

生活

台風対策は窓にテープ貼り、段ボールも貼り、カーテンを閉めればOK

毎年夏~秋にかけては台風シーズンです。ここ数年「猛烈な勢力」や「何十年に一度の大きな台風」と報道がよくされるようになりました。地球温暖化によって日本が熱帯化しているので、台風の勢いが衰えないまま日本に上陸するパターンが増えています。 そのため、これまでは自宅の台風対策は植木など飛ばされやすいものを片付けて置くくらいの対策で大丈夫だったのですが、近年は強風によって車が飛ばされたり、高層階マンションの窓ガラスが割りたりといった想定外の事態が起こっています。 そのため、台風を甘くみることができなくなりました。真剣に対策を考えないと、いざというときの対処に困ってしまいます。 この記事では、数ある台風の対策のうち、雨戸やシャッターがついていない窓の対策方法を紹介します。 最近の窓ガラスは技術が進化し、ガラスは簡単に割れないように飛散防止フィルムが貼ってあったりします。 とはいえ、「猛烈な勢力の台風」や「何十年に一度の大きな台風」レベルだと窓ガラスが割れるリスクも大きくなります。 誰でも簡単にすぐできる対策方法を紹介しますできるので、ちょっとした手間を惜しまず実践しましょう。