子どもがもらったお年玉のお返しは?お返ししたい場合はどうする?

お年玉 イベント

年末年始は、親戚が集まる機会が多く、親戚の方から自分の子どもへお年玉をもらいますね。

子どもにとっては親戚の集まりに行く目的が、お年玉をもらうことになっている家庭も多いのではないでしょうか。
私も子供の頃はそうでした。

そして自分が親の立場になってみて、自分の子どもがお年玉をもらうことに対してはありがたいと思う反面、
兄弟とか自分より同世代あたりの独身の方から自分の子どもへお年玉をもらうことも多いです。

我が家と同じく家族を持っていて、子供もいるのであれば、お年玉をもらったり、
あげたりと双方向でやりとりできますが、
子どもがいない方の場合、そうすると、お年玉でお返しすることができずお年玉はもらいっぱなしになります。

このような場合、お年玉はもらいっぱなしで良いのか?お返ししたい場合はどうすれば良いのか?
について調べました。

スポンサーリンク
  

子どもがもらったお年玉のお返しはしなくてよい

まず、お年玉のお返しという考えはそもそもありません

お年玉とは、目上の人から目下の人にお年玉を贈るという意味があるため、
もらった目下の人はお返しをする必要はないのです。

親や祖父母からのお年玉であれば、目上の人に当たるので、ありがたく頂戴しておきましょう。
お返しは不要です。

兄弟やいとこなど、同世代くらいで、独身などで子どもがいない親戚の人からお年玉をもらった場合も、
お年玉をもらう我が子から見たら、目上の人に当たるので、お年玉のお返しも不要です。

お返しは不要でも、しっかりと「ありがとうございます。」とお礼の言葉はお年玉をもらった人へしっかり伝えましょう。

お年玉のお返しをしたい!親戚からもらったら

まず、お年玉をもらった方の家族にまだ成人していない子供がいる場合は、お返し・・ではないですけど、
こちらからも同様に相手のお子様にお年玉を渡すのがマナーですので注意しましょう。

一方、兄弟やいとこなど、お年玉をもらった方が自分と同世代だけど、まだ家族は持っていない場合でも、
基本的にはお返しは不要です。

近い将来、お年玉をもらった方にお子さんが誕生した場合は、生まれたお子さんに対してこちらから、
お年玉をあげればよいと思います。

一方、お年玉をもらった人に子供はいない場合でも、
「特にお返しする必要はありません。」ということなのですが、感謝の気持ちを伝えるために何かお礼をしておくと、
今後お互いの心理的な距離を縮めることができます。

スポンサーリンク

ではお礼はいったい何がよいのか?

感謝の気持ちを伝えるのが目的なので、金額にするとお祝いの内祝いが参考になります。
内祝いの場合は、いただいたお祝いの3分の1から半額の範囲でお返しする慣習なので、それに倣うとよいです。

大丈夫と思いますが、現金で渡すのは品が無く、逆に失礼に当たるのでやめておきましょう。

①帰省先や旅行先の名産などお土産を渡す
 →少しグレードの高いものが良いです
②地元の名産を渡す
③一緒に食事にいく
 →お食事代はこちら持ちにします

特に①だと、あくまでも主役は帰省や旅行で、おみやげは二次的というニュアンスが出せますので、
さりげない気遣いになってよいのではないでしょうか。

②や③だと、多少お返しのためにわざわざ用意した感が出てしまいますね。
めっちゃアピールしたい場合は有効です。

お年玉のお返しをしたい!親戚以外(近所や会社)の人からもらったら

会社の人や、近所の人といった親戚以外の人から子どもにお年玉をいただくこともしばしばあります。

このような親戚以外の方からお年玉をもらった場合は、どのようにお返しをしたらよいのでしょうか。

親戚以外(近所や会社)の人からお年玉をもらった場合も、お返しは必要ありません

お礼も本来はする必要はないのですが、これからも頻繁にかかわることになる、
会社の人やご近所さんとは仲良くなっておくに越したことはないので、
会社つきあい、ご近所つきあいの延長としてとらえましょう。

実家に帰省した時のおいしいお菓子、季節の果物(名産物)を渡すと良いです。

どうしてもおいしいお菓子や、季節の果物(名産物)が手配できない場合は、
せめてお礼の電話や手紙で感謝を伝えましょう。

まとめ

子どもがお年玉をもらっても、お返しをする必要はありません。
もらいっぱなしでよいです。

しかし、いつももらいっぱなしで気が引けるという場合は、
お返しではなく、感謝の気持ちを伝えましょう。

日ごろのお付き合いの延長と考えて、帰省先や旅行先の名産など少しグレードの高いお土産を渡すを
さりげなく感も出て良いですね。

お土産を用意できないという場合は、お礼の電話や手紙で感謝を伝えるようにしましょう。

このひと手間が、後々大きな財産!?になっていくのかなと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました