クローズドリビング階段が寒い時はロールスクリーンやカーテンで防ぐ!

リビング階段 生活

近年、戸建て住宅の間取りで人気なのが、「リビング階段」です。

「リビング階段」の機能面のメリットは、リビングを通らないと上の階のプライベートエリアである、
寝室などに行けないため、自然に家族と顔を合わせることになるので、
家族の様子が常に把握でき、話しかけてコミュニケーションを取りやすいというメリットがありますね。

また、見た目でも「リビング階段」にすると、階段部分の視界が抜けるため、リビングが広く見えて、
おしゃれに見えます。

そんな大人気な「リビング階段」を採用して新築で建てて快適に暮らせる!と思っていたら、
冬場リビングが寒くなる!という落とし穴があります。

寒いとリビングで過ごそうという気持ちが無くなってしまいます。

せっかく「リビング階段」を採用して新築で建てたのに、後悔はしたくない。

本記事は、そんな「リビング階段」にしたけれど、寒くて仕方がない。
改善したいがあまりお金は掛けたくない。

そんな方に、手軽にできる「リビング階段」での寒さ対策方法について紹介します。

ちなみに、ここで紹介する寒さ対策はクローズドな「リビング階段」の場合です。

スポンサーリンク
  

リビング階段にするとなぜ寒い?

まずは、なぜ「リビング階段」にすると、冬場寒くなるのでしょうか。

空気の性質として、暖かい空気は上へあがります。
一方、冷たい空気は下へ下がります。

なので、冬は寒いのでリビングでエアコンやヒーターを使いますが、
暖められた空気はリビング内に留まらず、2階へと通じる「リビング階段」を伝って上、すなわち2階へ上がってしまいます。

一方2階の冷たい空気は「リビング階段」を伝って下のリビングへ流れてきます。

そのため、リビングで暖房でいくら空気を暖めても、一向にリビングが暖かくならず、寒さを感じるのです。

寒さを感じる元凶は1階と2階が「リビング階段」によって空気の流れがつながっているためなので、
対策としては1階と2階との空気を分断できればよいことになります。

一番良いのは、リビング階段に扉をつけることですが、あとから扉を取り付けるとなると、
工事が必要で費用も結構掛かります。

もっと、費用をかけずに手軽に対策できる方法について紹介します。

リビング階段にロールスクリーンをつけるとすっきりする

クローズドタイプの「リビング階段」で開いている面が1面の場合は、ロールスクリーンの設置1択です。

ロールスクリーンだと、開いている空間をしっかりと覆うことができて、
しかも使用しない場合は上に巻き上げて邪魔にならないので、かなりすっきりと収まります。
リビングはお客さんを招くことも多いので見た目は大事ですよね。

ロールスクリーンは施工も簡単で、自分で取り付けることもできます。
値段も比較的安いので、コストパフォーマンスに優れています。

リビング階段が2面開いている場合はカーテンが良い

クローズドたぷの「リビング階段」で開いている面が2面以上の場合は、カーテンで対応しましょう。

カーテンを取り付けるためには、カーテンレールを天井に取り付けなければなりません。

カーテンレールは直線のものを組み合わせる方法もありますが、おすすめはカーブすることができるカーテンレールです。

スポンサーリンク

たとえるなら、一筆書きでカーテンを開け閉めできるので、使い勝手も良いです。

カーテンの形状はヒダのないプレーンタイプにするとすっきりするので、リビングにふさわしいですね。

暖房で温めた空気をサーキュレーターでリビングに向ける

ロールスクリーンやカーテンを取り付けることで1階と2階との空気を分断することができましたが、
どうしても隙間はできてしまい、そこから暖かい空気が少しずつ抜けていきます。

もっと、暖房効果を高めたい場合は、サーキュレーターを使います。

エアコンやヒーターで温められた空気を階段から抜けないように、サーキュレーターの風で
リビングに送り込む
ようにすると、より効果が高いです。

もし、ロールスクリーンやカーテンを「リビング階段」に設置してもまだ寒いと感じたら、
サーキュレーターを使って暖かい風が階段から逃げないようにしましょう。

クローズドのリビング階段の寒さ対策まとめ

クローズドのリビング階段の寒さ対策をまとめます。

・「リビング階段」が寒いのは、暖かい空気が2階へ行き、冷たい空気が1階リビングに来てしますため
・階段が開いているのが1面の場合は、ロールスクリーンだと見た目もすっきりするので絶対おすすめ
・階段が開いているのが2面以上の場合は、ストレートのカーテンを取り付ける
 カーテンレールはカーブできるものを選ぶと一筆書きでカーテンを開け閉めできる
・それでもまだ寒い場合は、サーキュレーターを使って、暖かい空気を2階へ送り込まないようにする。

最近の家は気密性が格段に高まっており、リビング階段にしても寒くなりにくいですが、
寒いと感じても、ロールスクリーン、カーテン、サーキュレーターで対策できるので、
リビング階段のメリットである家族と顔を合わせる機会が多くなり、
家族とコミュニケーションを取りやすいメリットだけにすることができますね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました