エアコンと併用するべき暖房器具は?サーキュレータもアリだが設置場所に注意!

ガスファンヒーター 生活

寒くなってくると、そろそろ暖房器具をつけようかなぁ~と思いますね。

最近は、マンションをはじめ、戸建てでもエアコンを暖房のメインにすることが多くなりました。
エアコンは年々進化しており、省エネも進み、灯油やガスのように燃料も必要なく、電気だけで効率よく暖房することができるようになってきました。

そんなエアコン暖房ですが、広いリビングとかではエアコンの暖房だけではイマイチ寒いかなぁ~と感じることも多いですね。

原因は天井が高かったり、窓が多かったりと部屋の間取りによってはエアコン暖房だけでは暖まらいことも多いです。

そんな時はエアコン暖房と併用するための暖房器具で補うとよいです。

この記事では、エアコン暖房と併用する暖房器具のおすすめを紹介します。
また、エアコン暖房使用時にサーキュレーターで風を循環させる効果的な設置場所について確認しておきましょう。

スポンサーリンク
  

エアコンと併用する暖房器具はどれがよい?

エアコンと併用する主な暖房器具の種類と特徴

暖房器具は様々な種類がありますが、その中でもエアコン暖房と併用する主な暖房器具の種類と特徴を確認しましょう。

熱源:灯油

灯油を使う暖房器具は、電気もいらない「石油ストーブ」があります。
昔よく学校の教室にありました。柵で囲っていて、ストーブの上にやかんを乗せてお湯を沸かしていました。
電気も使わず省エネですが、安全性や利便性に難があるので、エアコンとの併用というかそもそも暖房器具としておすすめはできないです。

一方石油ファンヒーターは、安全性も確保され、手軽に暖を取ることができます。
灯油の価格も安く、コストパフォーマンスに優れた暖房器具です。
ただ、難点は灯油を運ぶ手間が掛かります。灯油が切れないように近くのガソリンスタンド、もしくは街を巡回している灯油販売車まで灯油を買いに行き、自宅まで運ばなければならないというデメリットがあります。

熱源:ガス

ガスファンヒーターは先に紹介した灯油をガスに置き換えただけです。
ガスファンヒーターは、ガスコンセントから燃料を直接供給できるので、灯油のように都度補充する手間が省けます。
ヒーターの大きさも石油ファンヒーターだと、燃料タンクのスペースが必要ですが、ガスファンヒーターは必要ないので、コンパクトなサイズが多いです。
また、ガスファンヒーターは電源をONにした瞬間から温風が出るのが最大のメリットです。

熱源:電気

電気の暖房器具は種類も多いです。
しかし、暖房能力という観点からは低いです。補助的な使用を想定しています。

電気ストーブ系は、遠赤外線ヒーターや、ハロゲンヒーター、カーボンヒーターといった種類があります。
電気パネル系は、オイルヒーター、セラミック遠赤外線ヒーターといった種類があります。

電気ヒーターで有名は「デロンギ」の電気ヒーターは、温まるまで時間がかかります。
ただし、電気も多く消費するので、電気代が心配になります。

ホットカーペットは足元から温めてくれます。足元が温まると寒さも感じにくくなります。
ホットカーペットを設置する際の注意点は、熱線でフローリングが焼けないように断熱シートを引くことです。

電気こたつは布団の中がとても快適ですが、洋室(テーブルや椅子がある部屋)にはこたつの設置は難しいですね。

スポンサーリンク

エアコンと併用する暖房器具はガスファンヒーターが最適!次点でホットカーペット

先に紹介した中だと、ガスファンヒーターが暖房能力が非常に高く、燃料補給もしなくてよいのでおすすめです。
もし、リビングにガスコンセントがあるのなら、絶対ガスファンヒーターにしましょう

ガスコンセントが無い場合は暖房能力が高い石油ファンヒーターは候補です。
ただ石油ファンヒーターは燃料である灯油の調達とヒーターへの補充が手間なのが最大のデメリットです。
石油ファンヒーター以外だと、暖房能力はかなり落ちますが、電気ファンヒーターにするしかありません。

ヒーター系は温風が出る部分がかなり高温になり、触れるとやけどする恐れがあります。
特に小さい子供がいる家庭だと、ヒーター系を使うのが抵抗ありますね。
ヒーター系以外だとホットカーペットが候補になります。
ホットカーペットは消費電力が大きくなり、電気代もかかりますが安全です。

エアコンとサーキュレーター併用は効果ある?

よく暖房器具とサーキュレーターを使えば効率的に暖房ができるという話を聞きますが、なぜサーキュレーターを使うと効率的なのか。
仕組みとしては、エアコンの暖房で暖められた空気は天井付近に溜まることになります。
サーキュレーターを使って、空気を循環させることで、天井の暖かい空気を下に持ってくることができるので効率的です。

オフィスなんかではこの温度差をよく聞きます。
私の会社では足元がひんやりしているのですが、立ち上がると頭の高さあたりは暖かいです。
なので、最近サーキュレーターが設置されました。
それ以来、確かに空気の循環によって足元のひんやり感が減少したような気がします。

エアコン使用時のサーキュレーターの設置場所は?

天井付近の暖かい空気を下に循環させる目的のサーキュレーターですが、どのように設置したらよいのでしょうか?
サーキュレーターを設置する場所を2通り紹介します。

エアコンにめがける

エアコンの真下から少し距離のあるところにサーキュレータを置いて、エアコンにめがけて風を送ります。

エアコンにめがけることで、エアコンから送風された空気とサーキュレーターから送風された空気が正面衝突します。
正面衝突した風は部屋中に拡散していきます。この拡散を利用して部屋の空気を循環させます。

部屋の中央

エアコンにめがけてだと、人の通り道になってしまっていると、サーキュレーターからの風が気になるばあいもあります。
そこで、もうひとつの設置方法を紹介します。

部屋の真ん中くらいのところにサーキュレーターを設置して真上に向けます。
真ん中の暖かい空気を天井に押し上げて、天井の暖かい空気を効率よく循環させます。

エアコンと併用する暖房器具、およびサーキュレーターの設置場所についてまとめ

エアコン暖房が効きにくい部屋では、エアコンと併用して暖房器具を使いましょう。

ベストな暖房器具は「ガスファンヒーター」が能力も高く、燃料補給も考えなくてよいといった利便性が抜群です。

暖房器具と合わせて、サーキュレーターも併用すると効果的です。
サーキュレーターの効果的な設置方法は、エアコンにめがけて送付するように設置と、部屋の中央でサーキュレーターを上に向ける いずれの方法でも空気を効率よく循環できます。

部屋の間取りの関係で、エアコン暖房の効きが悪く感じられても、補助の暖房器具やサーキュレーターを使えば快適にすごせるので、この記事を参考に試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました