七五三の後撮りはいつまで?メリットは?京都での撮影がおすすめ!

七五三スタジオ写真 イベント

七五三の日は11月15日です。その前後の土日は七五三のお参りのピークです。七五三のイベントにお参りとスタジオでの写真撮影をまとめて行うことが多いですが、そうすると子供の負担も大きくなります。特に3歳の子どもだと、体力もまだないので、疲れて機嫌が悪くなったりしてせっかくの七五三も楽しめなくなってしまったら本末転倒です。

なので、七五三は「お参り」と「写真撮影」は分けて行った方が断然おすすめです。

七五三のお参りより前に写真撮影を行うのが、「前撮り」。七五三のお参りより後に写真撮影を行うのが「後撮り」です。

どちらもメリットデメリットありますが、私は「後撮り」をおすすめします。

そして気になるタイトルのなぜ「京都」で「後撮り」するのをおすすめするのかについて紹介します。

スポンサーリンク

七五三の後撮りはいつまでにやればよい?

一般的に七五三の「後撮り」はお参りより後の12月~翌年の1月と定義している写真スタジオが多いです。
この時期だとキャンペーンもやっているのでお得です。

12月初旬に「後撮り」できると、年賀状の写真に間に合うので、年賀状に載せたい場合は、12月上旬に撮影するようにしましょう。

2月以降は「後撮り」キャンペーンはなくなりますが、撮影自体は年中対応はしてくれるので、2月以降での撮影でも全く問題はないです。
2月だと本当にゆっくりと撮影できるでしょう。
ただ、七五三のお参りから時間が経ってしまうと、お参りしたときの気持ちを忘れてしまい、気分が盛り上がらないかもしれない&4月以降は次の年の「前撮り」になってしまいますので、遅くとも3月までには「後撮り」を済ませましょう。

七五三で後撮りするメリットは?

七五三の写真撮影を「後撮り」するメリットを挙げてみます。

・お得な後撮りキャンペーンが用意されていることがある

写真スタジオにもよりますが、「前撮り」同様、お得な「後撮り」キャンペーンをしているところがあります。
スタジオアリスやスタジオマリオなど大手のスタジオは間違いなくキャンペーンやっています。

ただ、「後撮り」シーズンは写真館にもよりますが、レンタルの衣装や小物はピーク時より減っていることもあるため、レンタルできる衣装はどのくらいの種類があるのかは事前にスタジオに確認した方がよいです。

例えば12月だとやはりクリスマスや年賀状用の衣装がメインになってくるので。

・予約がとりやすい

写真スタジオにとって、七五三はもっとも忙しい時期で、「同日撮影」はもちろんのこと、最近は「前撮り」も多くなってきており、予約も取りにくくなっています。

スポンサーリンク

しかし、「後撮り」をする家庭は減っているため、平日でなくても比較的予約が取りやすいです。
平日だともっと予約は取りやすく、1日1組だけとかになることもあり、かなりゆったりと撮影することができます。

次の撮影者が詰まっていて、急かされたり、焦ったりといった心配も減るのもポイントが高いですね。

・3歳の子供だとイヤイヤ期も軽減されている

3歳の子供の場合、イヤイヤ期の真っ最中に七五三を迎えるので、なかなか親の思い通りにはいきません。
どんなに入念な準備をしていても、撮影中ぐずったり、泣いてしまったりすることがあります。

そんなイヤイヤが発動する確率を「前撮り」や「同日撮影」に比べて「後撮り」は減らすことができます。
3歳の時期は子供の成長もとても早いので、1週間、2週間遅らせるだけでも違ってくるかと思います。

なので、3歳の「後撮り」は特におすすめです。むしろベストかなと個人的には思っています。

七五三の後撮りは京都がおすすめ

我が家の場合は意図せず「後撮り」になってしまいましたが、結果的に大満足でしたので紹介したいと思います。

我が家の娘が3歳の時の七五三はお参りの「前撮り」で予約していました。
しかし、撮影当日は娘が人見知りが激しく、写真イヤとなり、いろいろとあの手この手でご機嫌を取ろうとしましたが、全く効果がなく、結局その日は撮影できず、12月に「後撮り」という形でリトライすることになりました。

12月の「後撮り」は、娘も少し成長したのか、本人も撮影がんばると前向き発言が出たのもあり、順調に撮影できました。
京都の写真スタジオで撮影しました。

撮影後、衣装のまま清水寺に観光に行きました。

京都は着物を着た観光客も年中多いので、着物で歩いても全く浮きません。
(これが大阪の街中だったら、ちょっと恥ずかしいです)

しかも、京都には意外と着物を着た「子供」は見かけません。
娘が着物を着て歩いていると、観光客からよく「かわいい~」と声を掛けられます。娘もまんざらではないようで、終始ご機嫌でした。

家に帰ってきてからも、また京都へ行きたいと言ったのでとても良い思い出になったようです。

ということで、七五三の「後撮り」に限らずですが、着物を着て写真を撮影する場合は、京都をはじめ、着物の街で撮影すると、そのまま観光も楽しめて一石二鳥です。

着物の街=京都 での写真撮影 おすすめします!

まとめ

いかがでしたか。七五三の「後撮り」はキャンペーンもやっていてお得で、予約も取りやすく、ゆっくり撮影できるのでメリットが多いです。
3歳の「後撮り」は特におすすめです。

そして、京都など「着物が似合う街」で写真撮影すると、衣装のまま神社やお寺の観光もできて一石二鳥なので、ぜひ参考にしてみてください。おすすめです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました