七五三写真は子供だけでも良い?兄弟一緒に撮る?嫌がる場合は?

七五三 イベント

七五三の時期になると、子どもの晴れ姿をしっかりと写真に撮って、思い出に残すおうちは多いですね。
写真を撮る時に子供だけで撮るべきか、親も一緒に取ってもらおうか迷う家庭も多いのではないでしょうか?

七五三の写真はスタジオアリスなどの写真スタジオで撮影する家庭が大半だと思いますが、
こどもだけで写真を撮っても良いのか?兄弟がいる場合、兄弟も一緒に写真を撮るものなのか?
調べてみました。

スポンサーリンク
  

七五三写真は子供だけでも良い?

自分(親)も正装するのが面倒であったり、自分(親)が一緒に写真に写るのは嫌だということで、
親は抜きで子どもだけ撮影したいということも多いようです。

自分(親)はちゃんとした洋服を持っていないため、七五三のために揃えると衣装代のお金も高くつくため、
無理して親も写真を一緒に撮る必要はありません。

七五三の写真で一番多い撮影パターンは以下です。、

・子ども単独写真
・家族の集合写真

子ども単独写真は本人が1人のみの写真です。兄弟そろった写真は外れています。

子どもがスタジオの雰囲気に落ち着かず写真撮影を拒否したりすることもありますので、
無理やり子供の単独写真を撮るのはやめておきましょう。

子供単独の晴れ着を着た写真は一生の思い出になるので、
スマホのカメラでのスナップショット撮影でも良いので撮影して残すようにしましょう。

七五三写真は兄弟一緒に撮る?

写真撮影時は、主役の子供の単独の写真撮影の後、せっかくですので、兄弟揃っての写真撮影も行っておきましょう。

もし、主役だけの写真撮影となってしまったら、後日「どうして自分の写真がないの?」と主役以外の兄弟の子の不満が出る恐れがあります。

兄弟で写真を撮る時の恰好は、特に主役の子と合わせる必要はありません。
主役の子が着物・兄弟がスーツ、主役と同じ着物をきるなど、和装、洋装を揃える必要はありません。

スポンサーリンク

家族写真はあった方が思い出にも残りやすいので、可能であるならば兄弟もそろった、家族全員の写真を撮るのがおすすめです。
家族写真を撮る場合は、写真代も追加で買うことになるため、家族写真は紹介を受けたプロのカメラマンに撮影してもらうオプションもあるので活用していきましょう。

七五三の写真撮影を嫌がる場合は?

「写真撮影楽しみ!」と言っていたこどもも、いざ写真スタジオに入ると雰囲気にのまれ「写真撮りたくない」と言ったり泣いてしまったりして嫌がることも多いです。

我が家も、事前に写真撮影のことはお話していたのですが、いざスタジオに入ると固まってしまい、親から全く離れなくなって単独での写真が撮れなかったことがあります。

ひとたび「イヤ」モードに入ってしまうと、大人ががんばってあやしてもなかなか気を取り直してくれません。

写真スタジオのスタッフはこのような場合の対処も慣れているので、基本的にはスタッフに任せておけば大丈夫です。
あの手この手で盛り上げてくれます。

それでもダメな場合は家族との写真が撮れそうなら、家族写真だけ撮るか、後日改めての撮影に対応してくれるスタジオもあるので、後日撮影可能かスタッフに相談してみましょう。

ちなみに、我が家はあきらめて後日撮影を選びました。

まとめ

七五三の主役はあくまでも子供なので、子供だけの写真だけでも大丈夫です。兄弟がいる場合は兄弟そろった写真も撮影してあげましょう。親は写真に写りたくない、値段を抑えたいなどの事情で記念撮影をしなくても大丈夫です。

もしお金の問題で撮影したくない場合はせめて自分のカメラでのスナップショットを撮るようにしましょう。
スタジオアリスなどでは、手持ちのカメラでの写真撮影は禁止ですが、動画は撮影OKなので、動画で撮影しておき、動画から写真を取り出すソフトもあるので、それを活用して費用を抑えるのもおすすめです。

もし、写真撮影でこどもが泣いたりぐずったりした場合は、無視せず可能な範囲でのみの撮影にするか、思いきって後日撮影にしましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました