七五三の甥姪のお祝いの相場は?お祝い袋の書き方と渡すタイミング

七五三 イベント

七五三を迎えた甥っ子や姪っ子をお祝いとしてお金を渡しても良いのか?

甥っ子や姪っ子へ渡すお祝い金はのし袋が無難。どうやってお祝い袋を記入するのか?

実際に用意したお祝い金を渡すタイミングやきっかけについて整理しましょう。

スポンサーリンク
  

七五三の甥っ子姪っ子のお祝いの相場は?

甥っ子や姪っ子がかわいく、七五三のお祝いが是非したくなりますよね。
本来なら七五三は内々で行うお祝いなので、お祝い金を渡すという感覚はありませんが、やはりどうしてもお祝いを届けたくなりますよね。

まず、七五三は本来は数え年でやるのですが、数え年だと2歳の子を神社に連れて行くことになり大変なので、最近は満年齢の年で七五三のお参りをやるようになってきています。
なので、一応満年齢時に七五三を実施するかどうかを、甥と銘の両親に確認しておきましょう。

お祝いを贈る金額はだいたい3,000円~5,000円くらいが相場です。
あくまで相場なので決まりではありません。

普段の親密度や親族間のルールで金額が決められている場合があるので、あらかじめ確認するようにしましょう。

また以下の場合も七五三の時に甥や姪へのお祝いを贈りましょう。

以前自分の子供に七五三のお祝い金をもらっている場合

以前に自分の子供が七五三の時にお祝いをもらっていた場合は、この機会にお返しをしましょう。

食事会など、七五三のお祝いに呼ばれた場合

食事代という意味も込めることができるので、食事会などに誘われた場合はお返しをしましょう。

七五三のお祝い袋の書き方

甥っ子や姪っ子に七五三のお祝い金を渡すと決めたら、祝儀袋に入れます。

のし付きの紅白蝶結び」の祝儀袋にお祝い金を入れます。

祝儀袋の表書き(水引の上)には「七五三御祝」と書きましょう。
年齢に関係なく「七五三御祝」は使えるので、「七五三御祝」と書きましょう。

スポンサーリンク
ちなみに、各年齢毎に表書きを変えたい場合は以下を参考にしてください。
・三歳 :「御髪置御祝」「祝 御髪置」「賀御髪置」
・五歳 :「御袴着御祝」「祝 御袴着」「賀御袴着」
・七歳 :「御帯解御祝」「祝 御帯解」「賀御帯解」

水引の下には、あなたの名前を書きます。

ボールペンやサインペンで書くのではなく、濃い黒の筆ペンを使うようにしましょう。

七五三のお祝いを渡すタイミングは?

七五三のお祝い(お参り)をする少なくとも1週間前には渡しましょう。

もともとは、七五三は11月15日に神社へお参りにいくのがならわしですが、最近は家族の都合の良い日を指定することも多いです。
なので、甥や姪へのお祝いを渡す時期は10月中旬~11月初旬くらいがベストでしょう。
もしくは、七五三の神社へのお参りや、食事会に呼ばれている場合、当日に渡してもよいです。

祝儀を渡す相手は子供の両親、すなわち自分の兄弟、義理兄・義理妻に対して渡しましょう。
子ども本人に渡してしまうと、ただのお小遣いをあげるという行為になってしまうので注意が必要です。

お金は対象の子供の両親に渡しますが、甥や姪の本人にも「おめでとう」と話しかけてみてください。

ただし、おもちゃなどプレゼントを渡す場合は甥っ子や姪っ子に直接渡しましょう。
甥には普段、着られる服や靴、ゲーム等のおもちゃ。
姪には可愛い帽子やバック、ヘアアクセサリー 等がよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか。甥っ子や姪っ子が七五三を無事に迎えられることをお祝いをすぐに使える、包む金額と、のし袋への入れ方を整理しました。

・金額の相場は3,000円~5,000円くらい
・祝儀袋の表書きは「七五三御祝」としておけばOK
・お参りや食事会で渡す場合は子供の両親に渡す
・もしくはお参りする1週間までに子供の親に渡す

甥っ子や姪っ子のこれまでの成長、そしてこれからの成長を楽しみにお祝いをしましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました