暖房の設定温度は?なぜ乾燥する?暖かい空気が上に溜まるのはなぜ?

暖房エアコン 生活

寒くなってくると暖房をつけますが、エアコンの温度設定は何度にすれば快適に過ごせるのでしょうか?

暖房によってあたためられた部屋は乾燥します。洗濯物はよく乾くのですが、風邪を引きやすくなります。
どうして空気を暖めると乾燥してしまうのでしょうか?
また、暖められた空気は上にたまるので、床周辺よりも天井近辺の方がより暖かいですが、一体なぜなのでしょう。
温度を一定にする工夫も紹介します。

スポンサーリンク
  

暖房の設定温度は?

環境省は、「冬の暖房時の室温は20℃を目安にしましょう。」としています。暖房をつける際の温度設定は20℃を基準にして、体感的に少し寒いなと感じたら+1℃にしたり、20℃だと暑いなと感じたら-1℃にしたりと、自分の体質に合わせて柔軟に変えましょう。

自動運転モードを選択できる暖房の場合は自動運転にしましょう。自動運転にすることで電源をONすると、一気に暖めることになります。特にエアコンは設定温度に到達するまでの間が一番電気を消費します。
なので、設定温度に到達するまでは最短でいった方がよいのです。
もし、弱運転とかにしてしまうと、だらだらと暖めることになり時間も電力もかかってしまいます。
自動運転モードがない場合は、一旦「最強」モードにして部屋を一気に暖めてしまってから、弱運転モードに切り替えましょう。

暖房をつけるとなぜ乾燥するの?

暖房をつけた部屋は空気が乾燥してしまいます。洗濯物を部屋干しする場合はよく乾くので良いのですが、寝ている時に乾燥で喉や肌を痛めてしまって風邪を引いてしまうということもよくありますよね。
なぜ、空気が暖められると空気が乾燥してしまうのでしょうか?

空気は水分を含むことができます。湿度で表されますね。
限界まで水分を含んだ状態を湿度100%といいます。

そして、空気は温度が上がると水分をより多く含むことができます。(湿度が下がる)
逆に、温度が下がると含める水分量は減ります。(湿度が上がる)

暖房で暖められた空気はより多くの水分量を含むことができるようになるので、相対的に湿度は下がる=乾燥することになります。

乾燥を防ぐために

乾燥しすぎは風邪やインフルエンザにかかったり、肌が乾燥してカサカサになったりとデメリットも多いため、加湿器を併用して部屋の乾燥しすぎを防ぐと良いですね。

特にインフルエンザウィルスは、温度20℃、湿度50%以上でほとんど活動ができなくなるので、加湿器を使って湿度を上げるようにしましょう。

スポンサーリンク

電気の暖房とガスの暖房とでは、石油やガスの方が乾燥しにくい

電気の暖房はただ単に温度を上げるだけなので、空気が乾燥します。
一方石油やガスの暖房器具の場合、石油やガスが燃焼すると水分が発生します。その水分が空気に取り込まれるのでその分乾燥が抑えられることになるためです。

水分が発生するといっても、微々たるものなので、石油やガスの暖房器具を使っていても、加湿器の併用はした方が良いです。

暖房をつけると温かい空気が上にたまるのはなぜ?

暖められた空気は膨張しています。暖房で無理やり暖められて膨張させられると、空気はエネルギー収支を保つために、周囲の熱を奪って採算を取ろうとします。

上空に行くほど空気の量が少なくなります(宇宙に近づきます)。すなわち気圧が下がります。
気圧が下がると、空気は強制的に膨張されられることになります。

で、膨張すると最初に述べたように空気は膨張するとエネルギー収支を保つために周囲から熱を奪います。
熱が奪われるので空気が冷えることになります。
この現象がいわゆる、登山などで上に行けば冷える原理です。

数百、数千メートルも空気が上に行けば温度が下がりますが、建物の中くらいでは高々数メートルなので、気圧の変化は微々たるものなので、暖房で温まった空気は上に向かうが天井で留まり、温かいままということになります。

効率的な暖房を考えると、上の空気を下に循環させると効率的です。

エアコンの暖房を使う場合、風は下向きで設定しましょう。横や上に設定してしまうと、暖められた空気が下に降りてこなくなってしまい非効率になってしまいます。
ただし、最近のエアコンはとても賢く、人がいる場所をセンサーで検知して自動で最適な風向きになるようコントロールしてくれるような機能が付いている場合は、自動に任せましょう。

サーキュレーターや扇風機を使うのも効果的です。上向きに運転して風を天井の溜まった空気を下に降ろします。

まとめ

いかがでしたか。暖房をつける際の設定温度は20℃が良いです。
暖房をつけると空気が乾燥するので、加湿器を併用することで風邪やインフルエンザの予防、肌の乾燥を防ぐことができます。
また、天井に溜まった暖かい空気を下に循環させるサーキュレーターや扇風機を併用すると部屋を効率的に暖めることができます。

暖房器具だけではなく、加湿器やサーキュレーターも併用して快適な冬を過ごしましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました