ひらパープールは混雑してても楽しめる?4歳児を連れて行ってみた

ひらパー スポット

夏になるとプールに行きたくなりますね。特に子供たちは本当にプールが好きです。私の娘も4歳になりますが、2歳の時にプールデビューしましたが、毎年プールに行くのが大好きで、自宅の庭に小さいプールを出して遊ぶくらいです。

自宅の庭でのプールもいいですが、やはり大きなプールに遊びに行きたいということで、地元大阪でユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に次いで人気の!?ひらかたパーク(通称:ひらパー)の「ザ・ブーン」に4歳の娘を連れて行ってきました。

行った日は無謀にも8月11日で、お盆休み真っただ中の3連休の真ん中で、しかも快晴・最高気温が35度超えという絶好のプール日和に行ってきました。

もちろん、「ザ・ブーン」は大混雑でしたが、プールだけでなく、園内のアトラクションも組み合わせることで十分楽しめました。

この記事では、小さな子供を連れて大混雑のひらかたパーク(通称:ひらパー)の楽しみ方を紹介します。

スポンサーリンク

ひらパーの南駐車場を利用

ひらパーには駐車場が3つあります。「北駐車場」、「東駐車場」、「南駐車場」の3つです。このうち、「東駐車場」、「南駐車場」は正面ゲートではなく、駐車場から直接パーク内へ入場できます。チケットブースもあります。車で来た人のみが利用するので、正面ゲートのチケットブースより混雑はしないと思いますので、車で来るときは「東駐車場」、もしくは「南駐車場」を利用しましょう

今回私は「南駐車場」を利用しました。

ひらパーのチケットはWEB購入が楽ちん!

ひらパーに入場するときにはチケットブースでチケットを購入しますが、混雑時は並びます。入場ゲートでチケットを買う方法以外にも、コンビニでチケットを買う方法、WEBでチケットを買う方法がありますが、WEBチケットがおすすめです。

WEBチケットだと、駐車場に車を停めて、車から荷物を出している時にスマホでさくっとチケットの購入ができます
購入したチケットはスマホの画面に表示させて、入り口で係の人に見せるだけ。
めちゃくちゃスマートです。しまもWEB購入だと最大200円引きと割引も多少されます。他の割引チケットの購入手間を考えると、このWEB購入が個人的には一番お得だとおもいます。スマホで完結できるので、チケットを家に忘れるという心配もありません。

ひらかたパークのWEB購入サイト

ひらパープール「ザ・ブーン」は空気入れあります

ひらかたパーク内へ入園すると、プールエリア「ザ・ブーン」まで要所要所で案内板があるので、迷うことなく「ザ・ブーン」へ行けます。坂道で階段が多いので荷物が多いと大変かもしれません。

↑↑
「ザ・ブーン」に着いたときは10時45分くらいでしたが、すでに人がすごいです。出遅れ感満載です。
空気入れは「ザ・ブーン」エリアに入場してすぐああります。空気入れ待ち行列ができていました。
ただ、空気入れの数は5個以上はあるので、回転は早いです

プールは大混雑

↑↑
場所を取ろうとプールサイドを歩きましたが、すでにシートを広げれるエリアは全て埋め尽くされていました。
人もごった返しており、どうしようかとしばらく途方にくれました。

シートを広げ場所を確保したい場合は、開園時に入場しないといけないです。特に夏休みの土日祝やお盆期間中は絶対です。
ひらパーの開園は10時ですが、9時過ぎには駐車場に入って入場ゲートの前で待つくらいしないと、日陰となっている良い場所は取れないでしょう。

コインランドリーは多く用意されており、プールサイドは荷物を置くスペースもないくらい全く空きがありませんでしたが、コインランドリーはまだ空きがありました。
コインランドリーは1回400円で、何度でも出し入れ自由です。利用終了時に「帰るボタン」を押すと100円返ってくるシステムです。何度でも出し入れ自由というのがとても便利です。着替えや手荷物は全てコインランドリーに預けることで問題なくプールで泳ぐことができました。

↑↑
無料で利用できるウォータースライダー「ハリケーンスライダー」は120分待ちでした。。

スポンサーリンク

「ザ・ブーン」では以下の時間帯で設備の点検、利用者の休憩のために10分間の休憩タイムがあります。休憩時間中は全員プールから上がります。休憩時間中はなぜか「ラジオ体操第一」が流れます。体操している人いるのかなと思っていたら、娘がしていました。。保育園で習ったらしいです。

・11:30
・13:30
・15:30

お昼ごはんはプールエリアを出てパーク内で食べよう

↑↑
11:30の休憩時間後、お昼ごはんを食べるために「ザ・ブーン」を一時外出します。一時外出する時は右手の甲にブラックライトで光るスタンプを係の人に押してもらいます。戻る時にスタンプを見せます。

プールエリアと打って変わって、パーク内は空いています。フードコートの2階が屋外テラスになっていて暑いのでテラス席は空いています。水着だと暑さもましなので、問題ないです。

フードコートの1階の座席はエアコンも効いていて快適なのですが、持ち込み飲食は禁止です。2階のテラス席は持ち込みOKです。我が家はマクドナルドにしました。

注意点はハトが多いです。。
虎視眈々と人間が落とした食べ物を狙っていますので、食べ物は落とさないように注意しましょう。落としてもすぐに拾いましょう。ハトに危害を加えられることはないですが、人間を全く警戒することがないので、すぐそばまで近寄ってきます。ハトが苦手な人は別の場所で食事することをおすすめします

午後はプールと乗り物を交互に楽しむ

↑↑
昼食後もプールです。写真は流れるプールの様子です。人が多すぎ流れるというより人にぶつからないように歩く感じに。でも水に浸かっていると暑くないです。

↑↑
再びプールエリアから一時外出して乗り物を乗りました。
子ども向けの乗り物が多いのですが、4歳だと一人で乗れるものは限られています。
娘が気に入ったのは「ワールドダービー」です。馬に乗って何周かまわります。コーナーでスピードアップし遠心力が味わえるようです。6回くらい乗りました。

あと気に入っていたのが4、「ハニーハッチ」です。こちらは身長110センチに足りず、大人と同伴で乗ります。2回乗りました。

各乗り物は1回300円とか400円します。何回も乗ると乗り放題フリーパスの方がお得になります。
乗り放題フリーパスは園内のインフォメーションセンターでも買うことができるので、パーク内に入ってから乗り放題フリーパスにするかどうか決めることもできます。

今回、最初の1、2回は都度乗りにしていましたが、子供がもっと乗りたいとなったため、乗り放題フリーパスに切り替えました。

小学生に上がる前の子供は乗り放題フリーパスにすることをおすすめします
また一人で乗れる乗り物もまだ少ないため、親も1人は乗り放題フリーパスにした方が良いです
子どもが「乗りたい!」となったとき、都度財布と相談してしまうのは楽しみが半減してしまいます。せっかくの遊園地です。あまりお金のことは考えずに過ごしたいですね。

↑↑
4歳でも一人で乗れる巨大ブランコ「ブランブラン」は娘は怖がって乗りませんでした。

↑↑
観覧車に乗りたいということで、観覧車に乗ってひらパーを上から眺めて、枚方の景色を楽しみました。上から見ても、プールエリアの混雑はすさまじかったです。

その後プールに再び戻り17時のプール終了まで楽しみました。
16時を過ぎると、プールエリアも人が減ってくるので子供向けの滑り台など待ち時間も少なく、最後10分間は乗り放題になってました

更衣室も大混雑なので、着替えだけしましょう

17時のプール終了後更衣室は大混雑です。シャワーもありますが、とりあえず着替えだけ済ませて帰りましょう
そして帰りにスーパー銭湯へ寄ってゆっくりお風呂に入るというのがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか。今回はあえて一番混んでいる日にひらパーのプール「ザ・ブーン」へ子供を連れて行ってみました。
予想通りの大混雑ぶりでしたが、人が多くてもプールに入ると気持ちいいです。
プールエリアを一時外出してパーク内の乗り物を楽しんで、またプールに入るという楽しみ方ができるので、子供も全く飽きることなく遊べました。

夏休みの間はこのような混雑が続くと思いますが、混雑していてもプールだけでなく、パーク内で過ごすことを組み合わせると一日楽しめます!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました