スーツやワイシャツは衣替え時にクリーニングに出す?ビニールははがす?

スーツ 生活

男性がスーツを初めて着るのは成人式が多いでしょうか。
成人式だと1回着て、あとは就職活動まで着ないので、成人式終了後はクリーニングに出して保管しておくというパターンが多いですね。

本格的にスーツを着だすのは、就職活動でしょうか。リクルートスーツで就職活動しますね。就職活動は大学3回生の時に半年~1年程度で終えて、その後4回生の1年間は着る機会もなくなるため、就職活動終了後、クリーニングに出して保管しておくパターンが多いですね。

成人式に着るスーツと、就職活動で着るスーツをクリーニングに出すタイミングは迷いませんね。

大学を卒業して晴れて社会人となると、業種によっては毎日スーツで仕事をする職場だと、スーツを着て仕事をしている場合は5月~10月頃にクールビズになってノーネクタイで仕事したりと、スーツにも衣替えを行いますね。

社会人1年目にとってスーツはまだまだ慣れないもの。洗濯機で洗ったらマズそうでクリーニングに出すのだということは何となくわかるが、スーツは衣替えのタイミングだけクリーニングに出すので良いのか?
また、ワイシャツも衣替えで長袖と半袖を切り替えたりと衣替えをしますが、ワイシャツもクリーニングに出した方が良いのか?
さらに、クリーニングに出した後保管方法はどうするのか?
について調べました。

スポンサーリンク

スーツは3種類ある

スーツは3種類あります。それぞれの特徴を見ていきましょう。
そして、自分が持っているスーツはどの種類なのか把握しましょう。

春夏用スーツ

春夏用スーツは気温が高い時期に着るので、生地が薄く、裏地もないため軽いです。
暑くならないように、熱がこもらないように作られています。

秋冬用スーツ

秋冬用スーツは春夏用スーツの逆で、生地が厚く、裏地もあるため重いです。
寒くならないように、熱がこもるように作られています。

オールシーズン用スーツ

春夏用スーツと秋冬用スーツの中間のスーツで、春夏秋冬年中通して着られるように作られています。
売っている会社によって違いはありますが、生地は春夏用、裏地は秋冬用、重さは春夏用のような感じです。

スーツをクリーニングに出すのは衣替え時でよい?

春夏用スーツと秋冬用スーツは衣替えのタイミングのみクリーニングに出すのがおすすめです。
クリーニングに出すときれいにはなりますが、実は生地には負担が掛かって傷んでいくので、毎週とか、月1回とかの頻繁でクリーニングに出すのはやめましょう。年2回の6か月ごと衣替えでのタイミングがちょうど良いです。

普段スーツを着ていてシワが気になったらアイロンがけをすると折り目がもとに戻るので、クリーニングに出さなくても対応可能です。

オールシーズンスーツの場合は、衣替えをする必要はないので、汚れが気にならない限りクリーニングにも出す必要はないですが、1年に1回くらいのタイミングでクリーニングに出すときれいになって返ってくるので気持ちも良くなるという効果はありそうです。

スポンサーリンク

ワイシャツは衣替え時にクリーニングに出すべき?

スーツとセットで着るワイシャツは衣替え時で長期保管する場合はクリーニングに出してから保管するようにしましょう。
ワイシャツは数も多くなり、クリーニングに出すと結構な料金になります。
クリーニング代を節約するこも可能です。ワイシャツは衣替え時に「しまい洗い」をすることで、クリーニングに出さなくても保管することも可能です。

衣替え前に「しまい洗い」をして黄ばみを防ごう!

ワイシャツを1年中着る場合は、クリーニングに出さなくても良いですが、オールシーズンのスーツと同じで、1年に1回くらいのタイミングでクリーニングに出すときれいになって返ってくるので気持ちも良くなるという効果はありそうです。

衣替え時にクリーニングから返ってきたビニールははがすの?

スーツやワイシャツをクリーニングに出して、クリーニング後はビニールに包まれた状態で返ってきますね。

何となく新品みたいだからビニールに包まれたまま保管したくなりますが、ビニールは必ずはがしましょう

ビニールで包む目的は一時的な埃よけのためで、ビニールは風を通さないので、ビニールに入れっぱなしだと、通気性が悪くなり、内側に湿気がたまり、変色やカビの原因になったりします。
なので、ビニールは必ずはがしてから保管しましょう。

スーツやワイシャツにカバーを掛けたい場合は、ホームセンターや薬局で売っている防虫、防カビ加工が施された専用の不織布の洋服カバーを利用しましょう。

保管場所はクローゼットやたんすなど日光や蛍光灯が当たらない場所に保管しましょう。
日光や蛍光灯によって変色する場合があります。

スーツはたたんで保管すると余計なシワがつく恐れがあるので、たたまずにハンガーに掛けて保管しましょう。

ワイシャツもハンガーに掛けて保管するのがおすすめですが、保管スペースの都合で、たたんで保管しても大丈夫です。
たたんで保管するコツは、なるべくワイシャツ同士を重ねず、他の衣類の一番上に保管するようにすると良いです。

まとめ

いかがでしたか。スーツやワイシャツは衣替えで長期保管する場合はクリーニングに出してから保管するようにしましょう。
オールシーズンで着るスーツやワイシャツは年1回程度のクリーニングで十分です。
クリーニングから返ってきた場合は、ビニールは必ずはがすこと。日光や蛍光灯が当たらないクローゼットやたんすに保管しましょう。

衣替え前は「しまい洗い」をしてからしまおう
衣替え前に「しまい洗い」をして黄ばみを防ごう!

衣替えからシャツを取り出した時黄ばんでいたら・・・その対策方法
衣替え時の黄ばみの落とし方は?漂白剤で落ちる!黄ばみ防止法は?

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました