室内での暑さ対策のポイントは日差し、服装、扇風機!

ブラインド 生活

「今年は猛暑です」と毎年のようにテレビのニュースで流れている気がします。温暖化と都会化が進み夏の暑さはなんらかの対策をとらないと乗り切れなくなってきました。室内はエアコン利用がもはや必須になっています。しかし電気代を節約したいであったり、そもそもエアコンがついていないなどの事情でエアコンを利用できないケースも多いです。

この記事では、エアコンを利用できない室内でのお暑さ対策を紹介します。

スポンサーリンク

室内での暑さ対策は日差しを遮ること

室内の温度が上がる原因は窓から日差しが入ってきて部屋が暖められるからです。
なので窓からの日差しの侵入を防ぐことができれば室内の温度の上昇も抑えられます。

日中はブラインドやカーテンを開けて景色がある方が良いですが、ブラインドやカーテンは閉めましょう。ブラインドやカーテンを閉めると部屋が暗くなるので電気を点けることになりますが、蛍光灯やLEDのものにしましょう。今時はもう利用する人は少ないかもしれませんが、電球はやめましょう。電球は暑くなって部屋を暑くしてしまいます。

もし窓の外に庭やベランダがあれば、すだれやオーニングを設置するとより効果的です。
オーニングも窓のサッシに固定できるフックがホームセンターで売っていますので、フックにブルーシートを引っかけて、手摺りなどに括り付ければお金もかけずに手軽にできます。
ブルーシートだと見た目が気になるという方はおしゃれなオーニングを探しましょう。最近は色々な種類が出ています。

室内での暑さ対策に効く服装は?

家などプライベートな空間であればなるべく薄着になりましょう。
私は部屋で一人で居る時はパンツ一丁のことが多いです。

スポンサーリンク

家族が居たり、プライベートではない室内の場合は相手に不快感を与えない程度で薄着に抑えましょう。
家族が居る場合、お父さんはパンツ一丁という家庭も多いかと思いますが、内心妻や子供たちは不快に思っているので、服をちゃんと着ましょう。
服を着る場合は、通気性の良いものや、冷感下着や速乾性のある下着を着用するだけでも違ってきます。
ユニクロのAiRism(エアリズム)や無印良品の涼感インナーなどがおすすめです。

ちなみに、服を濡らすと冷えて気持ちいいのかなと思いますが、室内の湿度が十分に低ければ有効です。
湿度が高いと服を濡らした直後は気持ちがいいが、その後水分がなかなか蒸発して乾かないので不快感のみ残ります。
日本の夏はじめじめなのでこの方法は向いていません。
砂漠では有効。こんなイメージです。

室内での暑さ対策に効果的な扇風機の使い方

扇風機やサーキュレータを使って、部屋にこもった熱気を追い出すのも効果的です。
使い方のポイントは、最も熱くなっていると思われる壁やその上の天井に向けて風を送り込んで冷やしていくのが良いです。
暑くなっている壁の目安は、朝であれば東側、昼間は南側、夕方は西側とすなわち太陽の動きに合わせて扇風機やサーキュレータの位置も変えるようにすると良いです。

扇風機を窓際に置くときは外の温度が室内の温度と比べて低いときに有効。その場合は扇風機を窓際に置いて部屋の方に風がいくようにするとより良いです。

自分に直接風を当てると気持ちいいですが、長時間直接風が当たると逆にしんどくなってきますので直接ではなく、間接的にやわらいだ風を当てるというイメージで扇風機やサーキュレータを使いましょう。

まとめ

いかがでしたか。室内での夏の暑さ対策はもちろんエアコン利用できるならエアコンを使った方が良いのですが、場合によってはエアコンがない場合は日差しを遮る、薄着になる、熱気を追い出すことを行えば暑さを軽減はできるので是非参考にしてください。

「屋外での暑さ対策は?ポイントは冷やし方と日差し対策がカギ。冷感グッズもおすすめ」

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました