育休を夫婦同時に取れる?給付金は?上の子は保育園に通えるの?

育休 夫の育児休業

男性も育児に参加しやすい社会になりつつあります。
特に共働き世帯だと、夫婦同時に育休を取得することができます。
我が家は妻の第2子妊娠をきっかけに夫婦同時に育休を取得することを決めました。

夫婦同時の育休取得について、お金の面(給付金)、上の子の保育園継続の面についての不安を解消しておきましょう。

スポンサーリンク
  

育休を夫婦同時に取れるの?

正社員で働いている場合、育児休業の取得は産休と同じで、労働者に認められた権利です。
ちゃんと労働基準法で定められています。

基本的に会社側は、労働者からの育休の申し出を断る権利はありません。

我が家は夫と妻が両方とも正社員で働いています。

と、ここでふとした疑問が湧いてきます。

夫婦それぞれ育休取得の条件を満たしている場合、夫婦が同時に育休を取得することはできるのか?

結論からいうと問題なくできます。

私はこの制度を調べるまで、勝手に「育休は夫婦のどちらか一方しか取得できない」と思い込んでいましたが、
よく考えたら、労働者1人1人に与えられた権利であるので、どちらか一方っていう考え方はおかしいですね。

たとえ夫婦が同じ会社で働いていても、別々の会社で働いていても関係なく、夫婦そろって育休を取得できます

国も「パパ・ママ育休プラス」制度という形で育休を夫婦で取得することを後押ししています。

通常の育児休業では、子どもが満1歳の誕生日までが取得期間ですが、
子どもが満1歳2か月目まで育児休業を延長(プラス)できるというのが「パパ・ママ育休プラス」制度です。

「パパ・ママ育休プラス」制度を利用するには下記の条件を満たす必要があります。

・配偶者が子が1歳に達するまでに育児休業を取得していること
・本人の育児休業開始予定日が、子の1歳の誕生日以前であること
・本人の育児休業開始予定日は、配偶者がしている育児休業の初日以降であること
※1人当たりの育休取得可能最大日数(産後休業含め1年間)は変わりません。

出典:厚生労働省パンフレット

つまり、夫婦それぞれの育児休業の持ち日数は最大1年間で、
その中で、夫婦がそれぞれ育児休業の取得期間をずらすことで、
通常は子どもが満1歳までのところを、子どもが満1歳2ヶ月になるまで延長できるということです。

詳しくは「厚生労働省パンフレット」をみてください。

この制度を利用するメリットとしては、夫婦同時に育休をフルで1年間取った場合に、
育休明けも夫婦同時に職場復帰することになります。
しかし、どちらかの育児休業を少しずらすことにより、
満1歳になったら、母親が職場復帰し、その2か月後に父親が職場復帰という形を取れるので、
夫婦負担が大きくなるのを軽減できます。

しかし、私はこの制度は利用せず、夫婦同時に両方とも1年間取得します
第1子であれば、休みをずらすのも良いかなと思いますが、
今回は第2子ということもあり、上の子の面倒を見る必要があり、
「パパ・ママ育休プラス」制度をするために、育休をずらしてしまうと
ずらした期間はワンオペでの子育てになってしまうためです。

育休明けの同時復帰時は大変かもしれませんが、家族全員が1年間一緒に過ごせることを優先させました

育休を夫婦同時に取った場合の給付金は?

育休を取得するとなると、やはり収入は減ります。

しかし共働き世帯であれば、二人の給付金を足せば、それなりの金額になると思います。

経済的にも大丈夫という安心があってこその夫婦同時育休です。

スポンサーリンク

夫婦同時に育休を取得した場合はどれくらいの給付金になるのか?
正確な金額は求めれませんが、予測はできるのであらかじめシミュレーションしておきましょう。

細かい計算がありますが、ここでは簡単に規模感をつかみましょう。

ざっくり計算方は下記です。

・育休開始日から半年間(6ヶ月)までは、月給の67%
・育休開始日から半年間(6ヶ月)以降は、月給の50%

ここでいう月給とは、育休開始前の6か月間の月給の平均です。
※上限額は449,700円、下限額は74,400円です。

残業代や交通費、住宅ローン補助といった各種手当ては月給に含めます。
月給は手取りではなく額面です。

育休開始前の6か月の間のボーナスは足されません。
残念ですがあきらめましょう。

これで計算するとかなり年収からは下がります。
一瞬これで生活できるのかなと不安になりますが、
夫婦二人分を足してみると案外大丈夫かも?と思えます。

ちなみに、我が家の場合は夫婦二人で受け取れる1年間の給付金の総額はだいたい400万円くらいです。

年収400万円と考えたら、まぁ生活できるかなと。
その分1年間じっくり家族と過ごす時間が取れます。
私は十分「割に合う」と判断しました。

育休を夫婦同時に取った場合の上の子は保育園に通える?

育児休業の期間中、上の子は引き続き保育園に通えるのか?

どうも世間では賛否両論あるようです。

否定派で多い意見としては、
待機児童で困っている家庭は、少しでも保育園の枠を空けてほしい。

肯定派(私も含めて)で多い意見としては、
子ども二人の面倒を見るのは負担も大きいし、
なにより今までの集団保育での生活から、急に家庭のみでの生活に変わるというのは不安。

国の方針はどうなっているのでしょうか。

内閣府が出している「保育の必要性の認定・確認制度」によると、
「育児休業取得時に、既に保育を利用している子どもがいて継続利用が必要であること」
と明記されています。

つまり、育休取得前から通っている上の子も保育が必要としています。

なので、上の子を保育園に引き続き通わせることに引け目を感じる必要は全くないので、
堂々と通わせましょう。

しかし、自治体によっては、上の子の保育を認めていないところもあります。

住んでいる自治体に問い合わせて確認しておく方がよいです。

私も役所へ行って聞いてきました。
私の自治体は幸い、育休中でも、上の子は引き続き保育園に通わせることができるという回答でした。
念のため、夫婦同時育休でも大丈夫ですか?と聞きましたが、問題ないとのことでした。

育休を夫婦同時に取った場合の給付金と上の子は保育園に通えるのか?のまとめ

夫婦が正社員で共働きの場合、夫婦同時に育休を取得することは全く問題がないです。
育休取得の要件に夫婦どちらか一方しか取れないというのはありません。

ちゃんと労働者に認められた権利ですから、
子どもの妊娠が判明したら取得するかどうか(権利を行使するかどうか)、
夫婦で話し合って決めましょう。

もし夫婦で同時に育休を取得する場合は、夫と妻、それぞれで育休期間中に給付金が出るので、
育休中の給付金額について以下シミュレーションしておきましょう。
夫婦共働きなので、二人分の給付金額を足してトータルで考えましょう。

・育休開始の半年(6ヶ月)までは月給の67%、
・育休開始の半年(6ヶ月)までは月給の50%

育休期間中に上の子を引き続き保育園に通わせることは国も認めています。

しかし、各自治体によって対応は異なるので、
一度役所へ行って育休期間中でも、上の子を保育園に通わせることはできるのかどうか確認しておきましょう。

お金の面、上の子の保育園継続の面の両方の不安を解消しておくことで、
より充実した育休ライフを送ることができるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました